ビールからアルコールを抜いたドイツ産ノンアルコールビール

買い物

こんにちは、さわいです。

この記事では、ビールからアルコールを抜いて作ったドイツ産ノンアルコールビールについて記載します。

スポンサーリンク

結論:美味しいノンアルコールビールが飲みたいならおすすめ

前回、砂糖や甘味料が入っていない缶チューハイ

キリンの本搾りを紹介しました。

記事の中でもちょっとつぶやきましたが

最近は健康のためにアルコールを飲む回数を減らしています。

で、その代わりに飲んでいるのが

今回紹介するドイツ産のノンアルコールビールです。

最近はサントリーのオールフリーを代表に

日本産でも美味しいノンアルコールビールが増えていますが

日本産のノンアルコールビールはもれなく

添加物がてんこ盛りのビール風飲料にすぎません。

さわい
さわい

色々混ぜ合わせてビールっぽくした謎飲料…

まあ、悪くは無いんですが

もうちょっと美味しいノンアルコールビールは無いかなと

探したところ見つけたのがドイツ産のノンアルコールビールでした。

スポンサーリンク

その1 ヴェリタスブロイ

一つ目はヴェリタスブロイというドイツ産ノンアルコールビールです。

ドイツ産のノンアルコールビールは

普通にビールを作った後にアルコールを抜いたもの

ということなので

単純にアルコールが入ってないビールと言っていいでしょう。

最初飲んだ時はちょっと感動しましたね。

日本産のノンアルコールビールとは

全然違いましたから。

授乳中の奥さんも大満足です(笑)

内容量は330mlと通常の350ml缶よりかは

ちょっと少ないです。

価格も安いのでオススメですね。

我が家ではずっと通販で箱買いしています。

ただ、なぜか日本と違って完全に箱に入ってないので

縦に置けないのでご注意。

奥の本搾りは縦置きしてるので

置くスペースはそんなに取りませんが

手前の人たちは横に置くしかないですね。

スポンサーリンク

その2 クラウスターラー

二つ目はクラウスターラーというノンアルコールビールです。

どうもしばらく日本では販売が止まっていたものの

最近になってまた販売されるようになったみたいです。

ヴェリタスブロイとの違いを上げると

  • アルコールが0.4%ぐらい入ってるらしい
  • 少し甘みがあって後口が苦め

という感じです。

ヴェリタスブロイよりちょっと安かったので

試しに買ってみたところ

とにかく一口めの感想が

「あまい!」

でした。

でも、後口は苦め。

最初はちょっと失敗したかなあ

と思ってましたが

継続して飲んでいたら

この甘さと苦みにすごいはまってしまいました(笑)

最近、ヴェリタスブロイを飲むと

アサヒのスーパードライを飲んだ時のような

「軽いな」

という感想を持つようになってしまいました。

甘味と苦みが味の濃さを生み出してて

ちょっと黒ビールっぽい感じがするんですよね。

さわい
さわい

うん、たまらん

スポンサーリンク

この記事のまとめ

というわけで、ビールからアルコールを抜いて作ったドイツ産ノンアルコールビールについてまとめます。

  • 日本産のノンアルコールビールと違って
    添加物の混ぜ物ではなくビールからアルコールを抜いて作ってる
  • 置き場所をとるので注意
  • アルコールが完全に0%ならヴェリタスブロイがオススメ
  • 濃いめがいいならクラウスターラーがオススメ

ノンアルコールビールは

ビールより安いし

アルコールが入ってないので

体にも優しいので

私のような中年にはとてもありがたい存在です(笑)

でも、せっかくなので少しでも美味しいものを飲みたいですよね。

そんな時にはドイツ産のノンアルコールビールがオススメだと思います。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました