子供(未成年)のTポイント番号を発行してみた

ポイント

こんにちは、さわいです。

この記事では、子供(未成年)のTポイント番号を発行してみた件について記載します。

2022/1/28更新

Yahoo! JAPANのIDなしでもモバイルTカードが発行できるようになったそうです。

↓ここから下は古い内容ということになりますね。

スポンサーリンク

結論:Yahoo! JAPAN IDの発行(携帯番号が必要)ができればOK

前回、SBI証券で200万円分のTポイント山分けキャンペーンについて紹介しました。

SBI証券は2019年7月から貯まるポイントにTポイントを採用しました。

自分の口座については

既にTポイント連携をしていましたが

子供の口座(ジュニアNISA)については

SBIポイントのままでした。

貯まるポイントも微々たるものだったので

放置していたというのが正直なところです。

今回は、最近ジュニアNISAでも米国ETFを購入しているのもあって

せっかくのキャンペーンだから参加してみようと

子供の分のTポイント番号を発行しようと思い立ったのでした。

さわい
さわい

今までちょっともったいなかったかも…

スポンサーリンク

モバイルTカードを発行する

Tポイント番号(Tカード)の発行は

TSUTAYAなどのTポイント加盟店に行って

カードを作れば可能ですが

わざわざ店舗まで出向くのが面倒なので

今回はモバイルTカードを発行してみました。

ちなみにモバイルTカードの発行には

なぜかYahoo! JAPAN IDが必要です。

さわい
さわい

なんでやねん

加盟店で発行してもTサイトの登録にはYahoo! JAPAN IDが必要みたいです

Yahoo! JAPAN IDを作る

しょうがないのでYahoo! JAPAN IDも作ることにします。

ログインしてたら一度ログアウトして

ログイン画面の新規取得から進みます。

携帯番号が必要

すると、携帯電話の番号を入れろと言われます。

以前は携帯番号が無くても登録できましたが

今は出来なくなってしまったようです。

さわい
さわい

幼児の携帯番号なんてあるわけねえだろ

今使用中の番号を使うことにする

とりあえず奥さんがYahoo! JAPANのログインに

携帯番号使わないと言ってくれたので

奥さんの番号を借りることにしました。

事前に奥さんのログインをSMSではなく、

パスワードでログインするよう設定しておきます。

登録情報の「ログインとセキュリティ」から「確認コードでログイン(SMS)」を選んで

「利用しない」を選んで設定します。

SMSを中止するにはパスワードを設定しろと言われるので

言われるがまま設定します。

使ってない携帯番号があればこの作業は特に不要です。

もし、ログインにSMSを使いたくなったら

また利用するを設定すればいいんじゃないかと思います。

あとは、新規登録の画面に戻って

携帯番号入れて登録していきます。

こんな画面が出ますが「はい」でOKです。

後は登録画面で

「Tカードを持っていない」をチェックして

「モバイルTカード専用Tカード番号」を「発行する」を選べば

無事Tポイント番号が発行できました。

子供の年齢は4歳でしたが

特に年齢制限とかは無い感じでした。

あと、このままだとログインがSMS認証なので

忘れずに先ほど同じようにパスワード認証に変更しておきます。

何回もやってるとSMSがロックされるので注意

ちなみに私は子供二人分の登録を

連続でやろうと何回か失敗しつつ携帯番号を入れていたら

SMSにロックがかかってしまいました。

「SMSの送信に失敗しました」とかいうメッセージが出ます。

1日待てばロックが解除されました。

SMSの送信も無料じゃないし

不正使用される可能性があるのでロックされるんだと思います。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

というわけで、子供(未成年)のTポイント番号を発行してみた件についてまとめます。

  • モバイルTカードなら加盟店に行かなくても発行可能
  • なぜかYahoo! JAPAN IDの発行が必要
  • 携帯番号がないとID発行できない

めんどくささ満載でしたが

無事子供のTポイント番号を発行して

SBI証券の口座に連携することが出来ました。

今後ちゃんとポイントが貯まるか確認したいと思います。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました