40代4次請けSEだった頃、仕事の難易度は低かった件

転職

こんにちは、さわいです。

この記事では、私が4次請けSEだった頃、仕事の難易度は低かった件について記載します。

スポンサーリンク

仕事は全く難しくなかった

私は転職するまで4次請けのSierで働いていました。

立場としては最弱で権限も裁量もなく

言われたことには逆らえないやらされ仕事をさせられていました。

では、難易度の高い作業を丸投げされていたかというと

そうではありませんでした。

どちらかと言えば、難易度の低い誰でも出来る作業をやっていたと思います。

毒ガメ
毒ガメ

4次請けなんかにやらせる仕事が難しいわけないだろ

技術力の低いエセSEの出来上がり

4次請けがやらせる仕事が難易度が高いわけがない

そういう側面もあるのはもちろん否定できませんが

中には難易度の高い仕事を丸投げされて精神を病んでいる人もいるかと思います。

幸い私はそういう状況になることはありませんでした。

私は転職する前は参加企業も多く、人数も多い

大きいプロジェクトに参加していました。

大きいプロジェクトになるとシステムやタスクは細分化されていて

ぶっちゃけ誰でも出来る作業になっているタスクも多々あります。

煩雑な作業などはツール等を作って誰でも出来るようにもします。

さわい
さわい

そこらへんのおばちゃん連れてきても大丈夫なんじゃないか

そういうプロジェクトだと、

技術力が全くなくても通用する世界になります。

私もまったく人のことは言えませんし、褒められたことではありませんが

文系出身でよく今までやってこれたな、と思うくらいです。

仲良くぬるま湯につかる愉快な仲間たち

誰でも出来る作業になるには理由があります。

下請けのSEなんて状況に応じて

奴隷を増やしたり減らしたりの調整をするためです。

キーマンになる人だけいれば後はどうにでもなるようになっているのです。

あっちを見ても、こっちを見ても

仕事のできそうな人はあまりいません(笑)

毒ガメ
毒ガメ

人のことを言える立場じゃないだろ

他のプロジェクトに行って大丈夫なの?

なんて余計な心配をしたくなるような人もいます。

たまに、すごく出来る人を見かけることもあって、

そういう時は技術を盗むチャンスです。

私もしばらくはそのプロジェクトで学ぶべき事が多くありましたが

そのうち、ここにいても成長が無いなと危機感を持つようになりました。

ルーティンワークのぬるま湯はとても心地が良いのですが

そこがいつまでもぬるま湯かどうかわかりません。

気づかないうちに、お湯の温度が上がってゆでガエルになる可能性もあれば

別の煮えたぎるお湯に突っ込まれる可能性もあるのです。

ぬるま湯からの脱出!そうだ転職しよう

ぬるま湯に入っていたとしても

自分がぬるま湯に入っていることを自覚することが大事なんじゃないかと思います。

自覚しておくことで、次への前向きな行動につながるかもしれないし、

危険な状況が迫ってた時に、危機を回避する行動に移れるかもしれません。

私も、そんなことをぼんやりと思っていたので

会社から突き付けられた年収減という状況を

転職することで乗り越えることが出来たんじゃないかと思っています。

人生いつでも気を張り詰めていられるものじゃないですから

たまにはぬるま湯に浸かってのんびりあほ面をさらしていてもいいと思います。

でも、いつ何が起こっても大丈夫なように心構えを持っておくに越したことはありません。

ぬるま湯に浸かっていても、危機感を持って行動できる準備をしておこう

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました