年会費1,375円で4,000円分の割引券がもらえる青山カード

クレジットカード

こんにちは、さわいです。

この記事では、年会費1,375円で4,000円分の割引券が毎年もらえる青山カードについて記載します。

スポンサーリンク

結論:洋服の青山で買い物するならおすすめ

前回、4,400円でAmazonプライムを利用できる

Amazonゴールドカードを紹介しましたが

今回は私が年会費を払っているクレジットカードの2枚うち

もう1枚のAOYAMAライフマスターカードをご紹介します。

青山カードは年会費が1,375円かかりますが

なぜか4,000円もの割引券が届くという

洋服の青山で買い物するなら超お得なクレジットカードです。

さわい
さわい

超お得

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

年1回商品券と優待券が届く

ちなみに今年届いた商品券と優待券はこちら

有効期限は1年間なので

次の割引券&優待券が届くまでに利用する必要があります。

割引券の利用には特に条件はありません。
(おつりは出ません)

↑の3,000円と1,000円の割引券は同時に利用することが可能です。

4,000円ピッタリ買えば

1円も出費しないで買い物することが可能です(笑)

私は消耗品的なものを買うのに主に利用しています。

Yシャツとか下着のシャツやパンツ、靴下とかです。

スーツじゃなくてもOKな職場に転職したので

スーツを買うことはもう無いのですが

消耗品はどこかで必ず買うので重宝しています。

3枚目は優待券となっていて

誕生月と同じ特典をいつでも利用できます。

スポンサーリンク

青山カードのお得なポイント

青山カードは年1回届く商品券&割引券以外に

普通に使うだけでも以下のお得なポイントがあります。

  • 200円で4ポイント(2%)もらえる
  • いつでも5%OFF
  • 誕生月なら10%OFF

つまり優待券を使えば誕生月以外でも

10%OFFになるってことですね。

こんな大盤振る舞いで大丈夫かなと思いますね。

最近は業績が悪いという話もありますし

サービス改悪しないかが心配です。

スポンサーリンク

洋服の青山のお得なポイント

洋服の青山は上記の独自ポイントである

AOYAMAポイントがあるわけですが

それ以外にも二つの共通ポイントを導入しています。

Tポイントとdポイントです。

最近は複数の共通ポイントを導入している店舗も結構ありますが

洋服の青山が特異なのは

Tポイントとdポイントが同時に溜まるという点です。
(付与率はそれぞれ0.5%ですが)

複数導入店舗は大体どちらかだけとかが多いのですが

同時に溜まって、同時に使えるというのはすごいです。

さわい
さわい

利用する方にとっては嬉しいけど、本当に大丈夫か


洋服の青山はそれ以外にも

2,3ヵ月に1回ぐらい割引券が付いたハガキを送ってくるのですが

無料のキティちゃんグッズ引き換えが出来るので

都度、店舗に足を運んでいます。

奥さんも子供もキティちゃんが好きなので助かります(笑)


さらにAOYAMAアプリで日々スタンプを貯めることで

3,000円の買物で最大1,500円割引出来たりするので

私は利用しまくったりしています。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

というわけで、 年会費1,375円で4,000円分の割引券がもらえる青山カード についてまとめます。

  • 年会費1,375円で4,000円分の商品券と優待券がもらえる
  • 200円でAOYAMAポイントが4ポイントつく
  • いつでも5%OFF、誕生月なら10%OFF

近くに店舗がないと微妙ですが

年会費1,375円で4,000円の割引券が届くのは超お得です。

買物も消耗品を買うのであれば

不要なものを無理して買う必要もありません。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました