40代4次請けSEの転職活動、年収の下がる転職をしてもいい?

転職

こんにちは、さわいです。

この記事では、40代4次請けSEが転職活動でした年収交渉について記載します。

スポンサーリンク

結論:年収の下がる転職はしない方がいい

面接が進んでいくと

どこかのタイミングで年収をいくらにするのか

条件のすり合わせをする機会が訪れます。

この段階までくると

もうほぼほぼ内定は決まったとも言えるでしょう。

但し、企業側の提示する条件によっては

お断りを入れなければならないかもしれません。

スポンサーリンク

基本は前職の年収がベースになる

年収提示の前段階として

前年の源泉徴収票を提出することが多いと思います。

企業側はこの年収をベースに

転職後の年収を提示してきます。

私も残業が月20時間で前職と同等となる年収を提示されました。

但し、残業がないと前職より下がってしまう可能性がありました。

条件が合わなければ申し出てほしい

と言われたので遠慮なく

残業なしで前職と同等にならないか交渉してみました。

さわい
さわい

すげードキドキした

このあたり転職エージェント経由だったら

代理でやってくれるので楽かもしれませんね。

結果として、9%アップの年収を提示してもらえました。

スポンサーリンク

2年目から上げると言われたら?

転職でよく聞くのが

1年目は給与を抑えるけど、2年目からは上げる

みたいな誘い文句です。

ですが、この条件は受け入れるべきではないでしょう。

2年目に給与が上がる保証はどこにもないからです。

入社した後に年収を1割も上げるには

何年もかかる可能性があります。

それに、低い年収を提示してきたということは

実はあまり期待されていない

ということの裏返しというのもあるかもしれません。

前職の会社ではこのパターンで

給与が上がらなくて

また別の会社にすぐ転職なんて人も見かけた気がします。

さわい
さわい

まあ、単純に前の会社はクソだったからかもしれん(笑)

スポンサーリンク

年収交渉出来るチャンスは逃さない

年収を大幅に上げられるチャンスなんて

早々に訪れることはありません。

なので、希望の金額になるようしっかり交渉したほうがいいでしょう。

但し、根拠は必要です。

私は、提示された金額では家族の同意を得るのが難しい

家族をダシにして交渉しました(笑)

さわい
さわい

嫁ブロックを有効活用

ただ、交渉したからと言って必ず上がるとは限りません。

例えば、その会社の給与テーブルに見合っていない場合などです。

特別扱いで年収を上げてもらうのはやめた方がいいでしょう。

特別扱いだとプレッシャーも大きいですし

報酬に見合った成果を出せないと

減俸なんて憂き目にあう可能性も無いとは言い切れません。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

というわけで、40代4次請けSEが転職活動でした年収交渉についてまとめます。

  • 年収交渉出来るチャンスは有効活用すべし(根拠は言うべし)
  • 年収が下がる転職はやめた方がいい(入社後に上げるのは難しい)
  • 逆に給与テーブルに合わない特別扱いも避けた方がいい

転職する理由は様々だと思います。

年収にこだわりすぎるのも良くないですが

年収が理由で転職するのではあれば

納得いくように企業側と条件をすり合わせるのがいいと思います。

前職の給与が安すぎなら嫌でも給与アップできるかもしれません(笑)

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました