ゴールデンパイナップルを買って芯まで食べてみた

買い物

こんにちは、さわいです。

この記事では、ゴールデンパイナップルを買って芯まで食べてみた件について記載します。

スポンサーリンク

結論:本当に芯まで食べられた

普段から節約を心掛けている私ですが、ちょっと食べたいなと思った物はちゃんと買います。

今回はそんな物のうちの一つ、ゴールデンパイナップルについて書いてみます。

ちょっと前に中国が禁輸した台湾産パイナップルを西友が大量購入したというニュースがありました。

芯まで食べられるという高級パイナップルだそうで

お安く買えるんなら買ってみたいなと思ってたものの

西友はあんまり行かないので

近くのスーパーとかでも売らないかなあと思ってたら

発見しました。

これじゃん!

650円ぐらいだったなので

ちょっとお高いですが

そこまで高いわけでもなく

丸々買えばいっぱい食べられそうなので

物は試しと買ってみました。

見た目

私の知ってるパイナップルは

もっとトゲトゲしてて緑とか茶っぽい色なんですが

すごいオレンジ色です。

この時点で美味しいに違いないというのが伝わってくるようです。

匂いを嗅いでみるとほのかに甘い香りがします。

あんまり甘いにおいがすると虫がたかりそうですが

そこまでではないです(笑)

切って食べてみた

よく見る形に切ってみましたが

上の色が濃い三角の部分は

硬くて甘くもなくて食べられない部分ですね。

で、いざ芯の部分から食べてみると

硬くなくてサクサクした食感です。

実の部分に比べると甘さは控えめですが

普通に美味しいです。

例えるなら、ブロッコリーの茎の部分のような

ブロッコリーのメインはつぼみの部分ですが

茎も美味しいですよね。

そんな感じを受けました

さわい
さわい

例えが微妙だと思うな

実の部分も酸味がほとんどなく

筋っぽさもなくて

とってもジューシー

なるほどこれは確かに高級だわと納得しました。

ザ・南国のフルーツって感じですね。

我が家の子供たちもペロリと食べてくれました。

というか、こんなパイナップル食べたら

今後、普通のパイナップルを食べられなくなりそうな気配すら感じます。

さわい
さわい

なんとなく酸っぱいイメージが強い…

外れだったら嫌だなと思いましたが

これは買って正解でした。

というか、食べきった後

また売ってたら買おうかなと思ってたら

まだ売ってたので買いました(笑)

我が家は毎朝何かしらのフルーツを食べるので

しばらくはそのローテーションに加わることでしょう。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

というわけで、ゴールデンパイナップルを買って芯まで食べてみた件についてまとめます。

ゴールデンパイナップルの主な感想は

  • 外見の時点で美味しそう
  • 芯の部分はサクサクしててほんのり甘い
  • 実の部分は酸味もなく筋っぽさもなくジューシー

という感じです。

これを食べた後だと、今後普通のパイナップルは

あまり食べたくないなあと間違いなく思います。

そういう意味では食べないほうが良いかもしれませんが(笑)

そこまで値が張るわけじゃないので

一度試してみるのをお勧めします。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました