二重課税調整は国内上場ETFとREITだけだった

投資

こんにちは、さわいです。

この記事では、二重課税調整は国内上場ETFとREITだけだった件について記載します。

スポンサーリンク

結論:二重課税調整は国内上場ETFとREITだけ

実は2021年明けてから米国ETFに手を出していました。

先日初めて配当金が出たので

どんなもんかなと見てみたところ

配当金への課税が米国分の10%と日本分の20%ぐらいが

きっちり徴収されてるじゃないですか。

①が配当金の金額で5ドル9セント
②が米国の税金分で10%の50セント
③が日本の税金分で20%の90セント(4ドル59セントに対する課税)
④が受取金額で3ドル69セント

5ドル9セント ー 50セント ー 90セント = 3ドル69セント

ってことですね。

あれ、今年から自動的に二重課税調整

米国課税分と日本課税分で20%ぐらいになるんじゃなかったっけ?

って疑問に思ったので、調べたところ

私の理解不足だったことが判明。

さわい
さわい

もっとちゃんと調べればよかった…

(今回の記事は私のただの勘違いということです…)

二重課税調整されるのは

東証に上場しているETFとREITだけでした。

対象と思われるものはこちらの「東証上場ETF・REITの二重課税調整(外国税額控除)について」を参照

米国ETFは当然ながら対象外ですね…

スポンサーリンク

税金を取り戻すには

二重課税で取られすぎの税金は確定申告すれば戻ってきます

今回分でいうと40円ぐらいが戻ってくる金額ですかね。

定期的に買い付けてるので少しずつ金額は増えていく予定ですが

確定申告する手間を考えると微妙かもしれませんね。

今年1年でどれぐらい増えるのかを見て決めようかと思います。

さわい
さわい

医療費控除と住宅ローンの還付申請しかしたことないわ

スポンサーリンク

この記事のまとめ

というわけで、二重課税調整は国内上場ETFとREITだけだった件についてまとめます。

二重課税調整の対象は国内上場ETFとREITだけ

単純な私の理解不足でガッカリしてしまいましたが

確定申告するのもいい勉強になるかなという所でしょうか。

まあまだ300ドルぐらいしか保有してないので微々たる配当金ですが

これから少しずつ増やしていけたらいいなと思っています。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました